おいしいさくらんぼを教えて貰った山形県の神町観光農園さん

さくらんぼ
東根市/神町観光農園
Pocket

いよいよ今回の週末弾丸ドライブも終盤に差し掛かりました。本当は、そのまま作並から仙台宮城I.Cから高速に乗って帰ろうと思ったのだが、桜の名産地中の名産地の東根市まできて、それもこの時期にきて「さくらんぼ狩り」をしないで帰るにはもったいないと、またまた予定変更で「大滝」からUターン。やったこともない「サクランボ狩り」に挑戦してきた。そこで得た情報とは・・・

噂は本当かな?

大滝をUターンして東根市内へ向かう。その街道沿いは、さくらんぼ農園だらけで空から見たら一面さくらんぼ畑なんじゃないかと、想像できるぐらい「さくらんぼの木」だらけだ。走っている車から手を伸ばせば、真っ赤になったさくらんぼに手が届きそうである。

さくらんぼ

東根市/神町観光農園

P6190027

右も左もたわわに実った、さくらんぼの木。

ナビには、「フルーツライン」と表示されているじゃないですか。素敵な名前に、ここに決めた!なんか東根市というだけで山形県の「さくらんぼエリート」のような感じでいるとことに「フルーツライン」とはトップエリートがいる名門地の様な気がしてきたので、この街道沿いで見つけた「神町観光農園」に決定!

実は、今日の一発目の「一寸亭本店」での事。

一寸亭本店の記事はこちらから

行列にめげては損をする!山形のそばや「一寸亭本店」
きれいな景色をもとめ、朝霧のなか早朝のドライブで始まった休日。春に大勢の観光客でにぎわった七ツ田の弘法桜は花が実を結んでいた。 ...
開店を、一緒にならんで待っているお隣のオールドマダムが「そば食べだら、サクランボ狩りに行ぐ?」「いや、うまいさくらんぼ食わしてもらったことがねーがら、いがね(行かない)。」「農家の都合でよ~、あっちこっちに連れでかがれっからよ~」的な会話を聞いてしまった。自分も「分からなくないでもないなぁ」と納得してしまって、さくらんぼ狩りは眼中に無くなっていたのだ。

でも、ポポラの超絶品サクランボで目が覚めたので、「やってみないと分からない」「食べてみないと分からない」と何時ものポリシーで行動が開始されたのだ。

で、神町観光農園さんのシステムは、予約なしで行ってOKでした。お値段1,600円と少々高いとも思ったが、貴重な体験と2人で参加。ここは目の前で蕎麦をこねた手打ちの蕎麦がサービスされる。休憩する小上がりもあり、ドライブの休憩にももってこいだ。

DS5_1738

申し込んだら早速、さんくらんぼ狩りと行きたいところだが、バスに乗って移動との事。「どんだけ広いんだ。」と思いマイクロバスに乗り込み移動。

あらかじめ聞いていたが、豚舎が付近にあり、少々においが気になる。たぶん「一寸亭」でおばちゃんが言ってた「都合よく場所が変わる」とはこの事か、と思ったがとりあえずさくらんぼ狩りを開始した。

すぐ目の前の手に届く範囲にもたくさんあるが、三脚に乗って高い所にたわわに実った、赤いさくらんぼを取ります。

DS5_1723

「ポポラ」で買ったさくらんぼ程ではないが、今まで私が食べてきたさくらんぼより断然うまい。

そしてここにある品種はなんと「佐藤錦」「紅秀峰」そして「何とか」・・・わすれた。なんでも普通はさくらんぼ狩りをさせない品種らしい。

10本までは行かないが、色々な木からさくらんぼを食べてみて、思うような味のものを探せなかったので、農園のおじさんにどれがうまいのか聞いたところ、「木の下より上の方が糖度が高いく、太陽をたくさん浴びたのが甘いよ」、と言ってくれたので、近くにあった周りより高い三脚を持ってきてアタック開始。

おじさんはおいしいのが見分けが付くようで(当たり前か)、私が手を伸ばすと「その上、それそれ」と指示してくれました。

先ほど取っていた、赤いのと区別はつかないが・・・

DS5_1732

それは、紅秀峰と思われ(ポポラで覚えたて)全体が真っ赤で、表面は他よりベタベタしているように感じた。糖分が出ちゃっている?

その大粒のサクランボを食べると、果肉がしっかりして甘みが強くおいしかった。ここのグループを20個ぐらい食べたところで迎えのバスが来たので、それに乗り込み帰ります。別に制限時間はあって無いような感じでしたが、ちょっと豚舎のにおいが気になったので戻っただけです。早くおじさんに聞くべきだった。

戻ると打ち立て揚げたての蕎麦がサービスされます。目の前で作るので、蕎麦を打つパフォーマンスも見る事が出来ます。しかし、時間は経っているもののさすがに「一寸亭」のあとには少々遠慮をしたくなり、一人分だけもらって食べることにした(結局食べるんかい)。塩もみの漬物もうまい!

P6190038

¥1,600円でそば食べて遊べると思うと安いと思う。

後で調べたら、ハウスのサクランボ狩りもあるようで、そちらは¥4,000らしい。やはりさくらんぼのクオリティーの差なのだろうか。店員さんから聞いた情報ではないので、行く前には問い合わせた方がいいでしょう。

これをもって、行き当たりばったりの無計画週末弾丸ドライブの帰路に立つのであった。

どんとはれ。

豆腐屋の団子食べに寄る?

いいねぇ~。

地図



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ