とうふ味処「田楽茶屋」さんで「お豆腐づくし定食」

denngaku
田楽茶屋
Pocket

とうふ田楽にはうるさい私が満を持して?いよいよ豆腐創作料理店として名高い「田楽茶屋」さんに乗り込んだ。

はい、うまい〜っ!

国道4号線の「わかれ」交差点から八幡平方向の国道282号線に直進し、すぐ先に見える信号機手前の右側にちょこんと引っ込んだ小さな店舗が本日の御目当てです。

この少し、控えめな感じがカロリー控えめでヘルシーな豆腐料理屋さんを連想させます(なんのこっちゃ)。

国道に面した駐車場は、頑張れば(譲り合えば)乗用車7台ぐらい行けそうです。

自動ドアを入ると、10種類以上あると思われる豆腐料理のお惣菜が出迎えます。

奥に、小上がりの4人掛けのテーブルが2つと、手前に4人掛けのテーブルが5つぐらいの広さです。

早速、豆腐づくし定食を注文します。

お茶はセルフサービスです。

レジのあたりにあったので持ってきて、ひとまずお茶で一息つきます。

denngaku

「ん!」

どこか、ほうじ茶の中に、油揚げの香ばしい味が、口の中の遠くの方で微かに感じます。

変わったほうじ茶だなと思い飲んでいると、「おから茶」と書いてある張り紙を見つけた。

すでに豆腐創作の洗礼を味わうことになった。

嬉しい限りだ。

期待は膨らむ。

toufu

しかし、店主はよほど豆腐が好きなのだろう。

ここまでするとは。

一つ一つが同じ素材でできているとは感じさせないバラエティー豊かな品揃えだ。

いただきま〜す。

・・・

まったく飽きることなく頂ける。

ちなみにお品書きはこうだ。

・寄せどうふ

・炒り豆腐

・豆腐田楽(山椒味噌)

・豆腐コロッケ りんご味

・お豆腐の揚げ餃子

・生湯葉のきのこあんかけ

・うの花サラダ(おから)

・ご飯、味噌汁、香の物

ざっと、こんな感じ。

ご飯と香の物以外は見事、とうふ料理だった。

フワトロの寄せどうふ。

キノコの出汁が効いた甘辛のあんかけがかかった湯葉。

トロッとした、コロッケと、餡が豆腐で包まれた揚げ餃子は、揚げ物好きのデブ心をくすぐられた。

おからのサラダも、普段はそっけないおからが、植物の食感が加わりマヨサラにする事でしっかり主張してくれる。

田楽も、ニンニクみそや、甘いみその田舎田楽ではなく、料亭の田楽っぽい「山椒みそ」で味付けされていだので、お店の雰囲気が料亭っぽくなると、化けそうだ。

味噌汁一つとっても、みそも豆腐も当たり前にうまい。

こちらで使っているみそは「佐々長みそ」を使っているようで、なるほどどおりで。

我が家のお気に入りみそで、普段使っているみそなので、違和感がまったくない。

あらためて、素材の味を確かめながらいただきました。

しかし、難点が一つ。

ご飯自体は「ひとめぼれ」でうまいのだが、どのタイミングで口にすれば良いのかちょっと困惑した。

定食にするよりも、これはテイクアウトで家に帰ってから、晩酌のあてにした方がとても合いそうだ。

(食べ過ぎ?)

おまけ

食材のこだわりが高く、大豆、油、お米、お味噌など、すべて国内産の食材のようです。

安心ですよね。

大事ですよね。

ありがたいです。

もうひとつおまけ。

お豆腐は健康食というのは海外でも知られていることですが、おからもすごいって知ってました?

なんとなく「出がらし」的なのでカロリーが低いっってイメージじゃないですか。

なんと、今話題の腸内フローラを整えてくれる効果があるというのです。

天然細分の大豆オリゴ糖が腸内で善玉菌のビフィズス菌を増やすというのです。

未だに届かないもち麦(知らない人はこちらのページで)に踊らされていなくても、この手があるじゃないですか。

どんとはれ。

地図

営業時間:11:30〜18:00

(テイクアウト 7:00〜 )

定休日:年末年始、お盆

※駐車場は10台のようです。

盛岡店(豆腐づくし定食なし?)

10:00〜18:30

定休日:土日祝日



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ