4.22 小岩井一本桜の今の様子とその周編

Pocket

岩手県雫石町にある、小岩井の一本桜の様子を見に行ってきたその様子です。

盛岡城跡公園の桜は、今から十日前の様子は、咲きそうな蕾だったが、今週の週中にはすでに見ごろを迎えた。

北上の展勝地も満開のようだ。

となると、気になるのは小岩井の一本桜の様子。

あれ、こんなところに水芭蕉が

屋根が飛ばされるぐらいの強風の後の、この二、三日。

めっきり、暖かくなって近所の桜は香りとともに満開です。

その前に小岩井ロードの桜はどうなの?

こんな感じ。

幹からニョッキリ!

今度の日曜日は枝の桜も咲き始める感じかな。

来週末は満開!

ゴールデンウィーク前半が見頃かな。

気になるのは天気。

一本桜へ移動。

小岩井農場入り口を過ぎ、一本桜へ向かうべく左折し、一本桜のその直前に水芭蕉の群生発見。

wp-9354

そうだったっけ?

んで、本日の目的の一本桜の様子

遠巻きなので判らないが、蕾もまだ小さいかな。

牧場の芝はすっかり青々してきた。

ここは、ゴールデンウィークにドンピシャで満開の予想。

寒い年は、ゴールデンウィーク過ぎに咲くこともあるある一本桜。

盛岡周辺では、長いこと桜を楽しめるのです。

ちなみに、この近くの駐車場はそんなに広くないので、ゴールデンウィーク中は特設駐車場が設けられます。

wp-9352

小岩井乳業さんの駐車場ですので、ここから歩いて行くことになります。

そのまま、工場見学もできるので、渋滞の中わざわざ一本桜近くの駐車場に行くより楽しめると思います。

本日の予定終了。

そば屋「極楽野」さん経由で戻ります。

と、脇に綺麗なウッドチップの敷かれた小道を発見。

wp-9355

水芭蕉生息地の文字

こんなのあったけ?

道路向かいの駐車できそうなところに車を停めて向かうと、『美人系の水芭蕉」が咲いていた。

wp-9356

ここの水芭蕉は咲き姿が、なんか綺麗に感じました。

水が良いのかな。

私が今まで見た水芭蕉では間違いなくトップクラスですね。

そういえば、この先に「七ツ田の弘法桜」があった。

咲いてたりして。

移動です。

樹齢800年と言われるエドヒガンザクラ。

蕾はというと、

小ぶりな花が咲いています。

2分咲きといった所でしょうか。

昨日今日、咲き始めた感じです。

ライトアップの準備もされていました。

お腹も空いてきたので帰ります。

すでに小岩井界隈も桜の季節がやってきました。

ゴールデンウィークに合わせて咲くとは、さすが商売人の小、岩、井、3人のが育てた地域だと、感心した夕暮れドライブでした。

そして初夏には身を結びます。

どんとはれ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ