オリンパス E-M10 Mark2「手持ちで奥入瀬渓流に挑戦」遍

OM-D E-M10 MarkⅡ
Pocket

旅行カメラとして人気の、強力な5軸手振れ補正で、手振れに強いオリンパスOM-D E-M10 Mraek2

その実力を十和田湖から流れる、青森県の奥入瀬渓流で、シルキーな滝の撮影をすることで実証する事にした。

(大掛かりか)

その出来栄えはいかに!

やっぱりスンゲー!手振れ補正

実験に協力してく入れたのは「カミさん」と、カミさんの愛機「オリンパス OM-D E-M10 Mrak2」

名前が長いので以下「M10-2」としよう。

やってきました。十和田湖です。

日本一のカルデラ湖として有名です。

あいにくの天気ですが、これぐらいならまだ良いでしょう。

風さえなければ、暖かいです。

奥入瀬は谷間にあるからか、あまり風の影響はありませんでした。

渓流沿いに歩いていると軽く汗ばむくらいです。

実験!

先ずは、先生から(私の事です)。

銚子大滝をモデルにしました。

三脚使ってND-8フィルターをかぶせ、長時間露出です。

ふわっとした滝に仕上がりました。

時期的にはも少し緑が欲しいので5月ごろがやはりいいですね。

苔の色も、新しいのできれいです。

こんな感じを目指して、手持ちで頑張ってもらいましょう。

無理だと思うけど・・・

はい、こんな感じ

えっつ!

若干攻めすぎだけと、撮っちゃた・・・。

調子に乗ってこんなのも撮っていた。

いやいやいや。

えっ、まだ。

E-M10 Mark2

ちょっと勘弁。

私の自慢のカーボン三脚、それなりに高いのに無視してくれちゃって。

重い思いをして、三脚持ち歩いているのに何してくれちゃってんの。

・・・味噌たんぽ食べよ。

撤収ぅ~。

おまけ

十和田湖から鹿角へ抜ける国道103号線沿いに、いくつか滝がありました。

有名かもしれませんが、いつも素通りだったので、ちょっと立ち寄ってみました。

錦見の滝は周辺で土木工事をしていたので、遠くから見たら落差もあり、きれいでしたが近くに行くのは断念しました。

で、止滝発電所向かいの滝に行ってみました。

こんな感じ。

迫力あります。

止滝発電所の近くにあるから、たぶん止滝でしょう。

E-M10 Mark2の基本レビューはこちらです。

旅行や、普段持ちに苦にならない大きさで、レンズを交換して写真を楽しめる一押しのカメラです。

どんとはれ。

今回使用したカメラ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ