再々再々 Facebookアカウント停止になりました

種差海岸にて
Pocket

と、いう事でFacebookやめました。もう、時間の無駄。Facebookは、Facebookサイドの都合や、他人からの通報などでいとも簡単に、しかも一方的に突然にアカウントが停止されてしまいます。そんな危険が伴うSNSというのが率直な感想です。

そして、垢BAN祭りの犠牲になる可能性は誰にでもあるのです。

Facebookアカウント停止の対処法

Facebookのアカウントが停止した時の対象法は…

そんなものはありません。

ネット検索すると、さもそれらしいことが書いてあるサイトが多く見つかりました。

そもそも、その人たちはアカウント停止になっておらず、ネタの一つとして書いているだけで、そこから先の具体的な話が無いのです。

「不服申し立て申請をして、その後メールのやりとりがあるかもしれません」

かもしれません。って。

他のサイトも似たようなものです。

検索1ページ目は全滅です。

ただ単にSEOに強いだけで、有力な情報が見つかりません。

せめて直接メールのやり取りでもできたら頑張るけど(直接交渉した人もいるらしいけど具体的に連絡先が分からない)、今後も同様な事が考えられるので、もう利用する気にもなりません。

IDと言われている運転免許証の写真を送っても音沙汰なし。

かなりの個人情報だと思うが、送るだけ送らしておいて無視される。

何度ログインを試しても

「現在そのアカウントは停止しております。」

不服申し立てのフォームに入力すると

「そのアカウントは停止されておりません。」

どっちやねん。

本名で登録して速攻BANされ、ペンネームで登録したらここ1か月ぐらい使えて。

どっちやねん。

どうしてツッコミは関西弁口調になる?

知らんがな。

Facebookってなんなの。

ほっとけ!

同様の被害にあっている人も多数いらっしゃるようです。

知恵袋的サイトでは、雄弁なコメントを見かけるが、これに関しては返信なし。

Facebookのヘルプセンターでもこれに関しては回答なし。

つまり、Facebook友達のいない僕の場合、復活する可能性が極めて低いのです。

ブログを見てかどうか分かりませんが、Facebookにお越しいただいた皆様ありがとうございました。

たくさんのフォロー、いいね、いただきました。

ほんと、ほんと、感謝です。

Facebookも色々問題があるようですし、就活するわけじゃないので、必要かどうかと問えば、僕の場合は必要ではない。と答えを出しました。

それにかかる時間をブログや写真の勉強に使うことにしました。

そうゆうことですので、今後ともブログ、TwitterInstagramをよろしくお願いします。

以上、最近Facebookに振りわされ、毒づく頻度が増している、奥野路頼でした。

どんとはれ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ