10-24mm

レンズ

DXレンズ10-24mm超広角レンズを下取りに出さなかった理由

「下取り大三元計画」は着々と進行し、念願の14-24mmf2.8も手に入れる事が出来ました。その為DXフォーマットレンズの10-24mmは焦点距離がかぶり、無駄な財産なので次の下取りの為の梱包作業に移るはずだった。なぜ踏みどどまったのかその...
秋田

「能代花火」シャトルバス、駐車場、渋滞、など当日の様子をまとめてみた

先日行われた「能代花火大会」のシャトルバスや駐車場、穴場スポット、渋滞、見どころなど来年の為にも忘れない様に記事に起こしてみた。当日乗った五能線「リゾートしらかみ」も良かった。ニコンD500で花火動画にも初挑戦してみた。 ...
レンズ

2年前の自分に教えてあげたいニコンDXレンズ最初にそろえる3本

写真を始めた2年前の自分に向けて言っておく。失敗しないレンズ選びの考え方。買うのはこの3本!「標準ズーム」「高倍率ズーム」「超広角ズーム」だ。 なぜこのズームレンズを進めるのか いつものニコン一眼レフでもDXフォーマットでの話です。セン...
青森

超広角レンズで切り取る「恐山とはこんな所」 大祭典前に行ってみた

昨日(7/20)から24日まで、恐山では大祭典が模様されるようだ。その前に恐山とはどんな所なのかこの目で確かめたくて行ってみた。感想は「行ってよかった恐山」だった。その時D500につけたレンズは最近ハマっているDX Nikkor10-24m...
山形

酒田市の「玉簾の滝」に行って考案した、しぶき対策「玉簾スペシャル」

前回の記事の続きです。「元滝伏流水」に未練はあるが、ここまで来たのでそのまま南下して酒田市の玉簾の滝に向かいました。それは「The滝」とでも言うか、滝の基本形を見たと思うような見事なフォールでした。 写真でこのスケール感を伝えるのは難しい...
秋田

にかほ市の「元滝伏流水」は小さな奥入瀬渓流だ

滝の写真を求めて秋田県にかほ市の「元滝伏流水」へ日帰りドライブで行ってきました。盛岡から所要時間3時間と、岩手県内のドライブと変わらない時間でいける観光スポットです。記事前半は移動ルートについて、後半は元滝伏流水の写真を掲載しました。 ...
岩手

総延長5キロの紫波町赤沢あじさいロードが見頃

そろそろ紫波町の紫陽花ロードがいい感じじゃないかと行ってみた。そこで試す広角レンズの世界。ニコンの超広角レンズを中心に望遠も撮影してみた。 地域の方々の思いを感じた紫陽花ロード 冒頭の写真の通り、この辺はブドウの産地でも有名です...
周辺機材

岩手県で唯一の日本滝百選「不動の滝」にて

東北地方で日本滝百選に認定されているのは、お隣秋田県で4つ、山形県、福島県で3つ、青森県、宮城県で2つ、そして岩手県は安代にある「不動の滝」だた一つのみです。そこで絹糸の様な滝の写真を撮りたくて行ってきました。 ただの滝じゃないよ...
カメラ本体

やっと見れた!さっぱ船で行く宮古「青の洞窟」

三度目の正直で青の洞窟に入れた。二人乗りの小さいサッパ船の方がいいかも
秋田

あやめ発見!大松川ダムキャンプ場の芝桜園

前回の西和賀の「川尻あやめ公園」に続き「あやめ」ネタです。あのあと、あてもなく西に向かいいつもならば湯田I.Cから高速に乗るが、この日はウィンカーを出し忘れ…
レンズ

D7200使いの私がDXレンズ一押しのおすすめレンズを考える

D500の発売を目の前にして、落ち着きのないときを過ごしています。 予約した人は皆同じ心境ではないだろうか。 そこで、気を紛らわすためでもあるが、あえてD7200の事を振り返り、D500が手元に届いてから...
レンズ

超広角DXレンズ12-24と10-24を比較してみた

ニコンDXレンズに超広角レンズが2本ラインナップされている。なぜ? そして、私はその2本とも所有している。なぜ? この不思議なラインナップに惑わされている人は多いのではないでしょうか。 その差はどこにあるのか考えてみた。 その差はズバ...
タイトルとURLをコピーしました