メリタのアロマサーモステンレスと上手くつきあう方法

コーヒー豆
Pocket

半端ではあるが凝り性な私は、豆の産地、種類やらこだわった時期はあるが、あまりにも種類が多く挫折。そんな私でもおいしいコーヒーを求めるのは自由。コーヒーに強いこだわりも知識もないが、挽きたてのコーヒーはやはり良い

  私のお気に入り道具 

今では、豆の種類はある程度決まっているのでヘビロテになっているが、道具ぐらいはこだわりたいとネット検索してそろえたのが下のセット

ここに行きつくまでは、金額が高いと買った時の満足も高いから選んだコーヒーメーカーや、本格派に憧れネルドリップにもはまったりもした。

コーヒーミル:カリタ(ナイスカットミル)黒

コーヒーメーカー:メリタ(jcm-561)赤

現在は型式が新しくなっています。

ミルは手回しを使っていたがやはりその度に入れるのも時間がかかる。

その時間も捨てがたいが、毎日となると電動が現実的。

これについてのレビューは後程。かなりお気に入りです。

コーヒーメーカー アロマサーモ

バリスタも薦めるメリタの「アロマサーモ ステンレス」(JCM-561)

現在は型式が新しくなっています。

何といってもコーヒーの抽出温度が高く、抽出されたコーヒーはそのままステンレス製の魔法瓶?で保温される。

加熱されないので煮詰まらず熱いおいしいコーヒーを口にする事ができる。

見た目は野暮ったい感じがあり、使うにはちょっとした慣れも必要。

水入れとかは他の製品は水タンクに入れるタイプが多い中、これは固定なので入れにくいのと、入れすぎた時が困る。

最初は小さい容器で多い分の水をすくっていたが、面倒なので今はを見合うくらい足している

考え方を変えれば問題ではなくなる。

ネット検索すると、さすがにこのモデルは現在販売していないようで、後継機が出ているようだ。

だいぶ年季は入っているが、壊れないから変える必要もないが。

かといって、トラブルが無かったわけではなく一度は寿命かなと買い替えを検討した事がある。

トラブル!漏れる、入らず。 

今これを使っている人で、ステンレス容器のふたは締まりにくくないですか?

抽出されたコーヒーはステンレス容器に入らず漏れていないですか?

この二つの問題の原因がなかなか分からず、コーヒーを床に飲ませる事が多くなってきて古くなったと思い買い替えを考えました。

その時は誰か同じ症状はいないかと、ネット検索したがヒットしたのは1件で、その方は蓋を部品注文して解決したらしい。

解決方法! 

蓋をステンレス容器にねじ込む際、蓋の裏の直系6~7センチのゴムの滑りが悪いと、幅1センチ深さ1ミリ程度の浅い溝がゴムで栓をされて、ステンレス容器の中の空気が抜けにくくなり、その結果コーヒーが容器に入りにくくなりこぼれる事になります。

(写真を後でアップします。)

解決策は、乾燥したまま蓋をしないで、直径6~7センチの円形ゴムが動くぐらいに水などでゴムの表も裏も濡らしてから蓋をすれば、蓋を回す力も少なく、容器に入らず漏れることもなく熱くておいしいコーヒーが飲めます。

おいしいコーヒーを作ってくれるコーヒーメーカへ、ちょっとしたお作法と思って感謝しながらやっています。

仕組みがシンプルな分、壊れにくいので長く使える良い製品です。

以上、じっくり付き合った製品のレビューでした。
(古い製品の情報ですみません)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ