ETCで高速道路が乗り放題!2016東北観光フリーパス

雑記

 

「NEXCO」で、最近毎年出しているサービスで、地方ごとの周遊周遊プランが出ていますが、東北では今年も昨日から利用が始まりました。

 

スポンサーリンク

東北を乗り倒そう「東北周遊プラン」

 

 

 

概要は

「金・土・日・月」または「祝日とその前後の平日」のうち連続する最大2日間から4日間(出発エリアで異なる)がETCカード利用で一定額で乗り放題になるプランです。

 

ただし、渋滞をせける意味もあると思いますが、利用時期に制限があり、8月、9月を除く

2016/5/20~7/25 および 10/7~12/19までです。

 

ネクスコ東日本エリアですと、北海道でも周遊プランや、フェリーと組み合わせたプランなどがあります。

その北海道エリアではお盆期間もサービスを利用可能です。

 

今回の東北エリアの乗り放題プランは「東北周遊プラン」をベースに

首都圏出発プラン

北関東出発プラン

の3つが用意されています。

 

料金

まずは、それぞれの料金と適用日数をまとめました。

期間は東北周遊の2〜3日間が基本プランで、関東圏の出発の場合はプラス1日となり、適用期間が違うので注意が必要です。

 

東北周遊プラン

期間普通車軽自動車
2日間7,5006,000
3日間8,5006,500

 

首都圏出発プラン

期間普通車軽自動車
3日間13,50010,500
4日間15,00012,000

北関東出発プラン

期間普通車軽自動車
3日間12,0009,500
4日間13,50010,500

 

 

 

どれぐらいの移動距離以上だと特になるか?

 

例えば、東北周遊の二日プランで比較しましょう。

休日割引になる土曜日に、仙台南I.Cを出発し、盛岡I.Cで降りで観光して、再度、盛岡I.Cで乗り、松尾八幡平I.Cで降りたとします。

 

次の日は、その逆と仮定しましょう。

これだけでは、ちょっとつまらないコースですが、移動距離だけ、押さえておきます。

 

この場合、仙台南〜盛岡I.C(¥3,070)+盛岡I.C〜松尾八幡平I.C(¥670)×往復(2)=¥7,480

で、このぐらいですでに、フリーパスとほぼ同じ金額になります。

 

高速料金は、長距離を走るより短い区間の移動の方が割高になるので、途中で、あと一箇所でも降りると、その時点でフリーパスより高くなります。

つまり、自由度が増すわけですね。

 

1日で移動できる、たったこれだけでもお得になります。

1日の移動はサービス対象外ですが、ゆっくり1泊以上でドライブするには、使わない手はないです。

 

ゴールデンウィークを働いた人や、遊びに行っていない人などは、観光地も激混みではない今が、実は観光を満喫できるベストシーズンじゃないでしょうか。

 

また、周遊プランを利用すると途中のS.Aでの特典や、各地の観光地で入場料が割引だったり、道駅で粗品進呈などの特典もあるようです。

 

たくさんの特典がありますので、詳しくは「ネクスコ 東北周遊プラン」で検索して、確認してみてください。

 

また、この「東北観光フリーパス」のサービスを利用する際は

事前に申し込みが必要です。

 

くれぐれも、期間内だからといって、申し込みしないで「勝手に乗り放題」しないでください。

後で高額請求が来ても、自己責任で。

ETCカードがない人は早めに作ってお得に乗り放題しよう

楽天カードならETCカード利用でも、ポイントがたまります。 


以上、rakutenポイント収集が趣味の奥野路頼(@michinoku-oku)でした。

 

どんとはれ

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
奥野 路頼をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Michinokuの奥より
タイトルとURLをコピーしました